アクションカメラはドライブレコーダーとして利用可能?似ている気がするけど

アクションカメラは両手を使わずに、動いている時でも撮影が可能なカメラです。

アウトドアスポーツなどの撮影には、本領を発揮します。

バイクや自転車のハンドルにつけての撮影もできるので、これってドライブレコーダーとしても使えるのでは、と思ってしまいますね。

激しい動きでも撮影ができるアクションカメラ

手を塞がずに撮影ができるアクションカメラ、防水機能もあるので山でも海でも使用が可能です。

多少の揺れとかでも故障しないだけの頑丈さをもっていますので、バイクや自転車のハンドルに固定して、疾走感たっぷりの画像も撮影できます。

実際、自分が感じているあの風を切って走るという気持ちの良さ、アクションカメラの映像で再現ができるのは嬉しいことですね。

自分目線の撮影なので、後々の記録として残すことも出来ます。

アクションシーンの撮影には最適のアクションカメラ、となるとこれってドライブレコーダーとしても使用可能では、と思う人多いはずです。

バイク等と同じように、走っている最中の撮影できるとなれば、これはドライブレコーダーの役目も果たしてくれそうですね。

上手く行けば、アクションカメラだけでドライブ中の記録も充分に残せるのでは、と考えてしまうのは当然のことです。

ドライブレコーダーの役目とは

ドライブレコーダーというもの、近年クローズアップされてきました。

これで撮影、記録が残っていれば、事故が起きた時にもどちらの責任かなど判別が付きやすいです。

また事件が起きた時にも、その記録を撮れることになります。

このドライブレコーダーのおかげで、トラブルを免れたという人もニュースなどでよく見かけます。

またごく単純に、旅行の記録としても残せるので、そういった意味でもお役立ちです。

今では車にこれが搭載されているのが当たり前、と言った風潮になりつつありますね。

アクションカメラはドライブレコーダー代わりに使えるか

アクションカメラはでは、ドライブレコーダーの代わりに使えるのでしょうか。

機種によっては使用可能なものも

アクションカメラにも様々な製品があります。

なのでドライブレコーダー代わりに使える機種も、もちろんあります。

簡単に取り外しもできますし、必要な時だけ固定して使えばいいので、そういった意味でも使ってみたくなりますね。

もしドライブレコーダーとアクションカメラ、両方を購入するのはちょっとと言う場合、兼用できる製品を使うのがおすすめです。

可能ではあるけれど別物なのも明らか

アクションカメラをドライブレコーダー代わりに使うことは可能ですが、そして使用目的の根っこの部分では似ているのも事実です。

ただちょっと見てみると、やはり大きく違いが出ているのは明らかです。

自動車の一部として設置されていて使用ができるドライブレコーダーに対して、アクションカメラはあくまでも撮影用の持ち運びできるカメラだということです。

その点は把握して置かなければいけません。

アクションカメラをドライブレコーダーとして使用はおすすめしない理由

ではどういった理由が、アクションカメラをドライブレコーダーとしての使用が難しいか考えてみましょう。

長時間の使用で発熱する可能性が

すべての機種ではありませんが、アクションカメラの場合長時間の使用で発熱するものがあります。

実際のところ、アクションカメラでの撮影にそうそう長時間ということはありません。

アクションする人間の体力には限界があります。

しかし車の場合、かなりの長時間の移動が可能です。

その全部の時間を撮影となると、普通のアクションカメラでは荷が重い、ということですね。

バッテリーのもちの問題

アクションカメラの場合バッテリーを非常に食うので、必ず予備のバッテリーが必要だということは、利用者の常識となっています。

これを車に搭載して撮影となると、予備のバッテリーだけでは足りなくなることもあります。

何か電源の確保が必要になる、ということです。

長時間のドライブの時など、途中でバッテリー切れではドライブレコーダーとして用をなしません。

バッテリー交換も、面倒になってしまいますね。

エンジンのオンオフと連動しない

ドライブレコーダーの場合、車のエンジンを入れた場合にレコーダーの電源もオンになります。

自動で撮影が開始されるのです。

しかしアクションカメラの場合は、まず電源を入れるというところから始めなくてはなりません。

特に手がかかるわけではないですが、ちょっとした面倒になるのも事実です。

また電源入れ忘れ、という問題も出てきます。

駐車場での監視録画に向かない

最近のドライブレコーダーの場合、駐車場などに止まっている時にも、もし車になにかあった場合自動的に録画を開始します。

例えば、他の車にあてられたとか、誰かがドアを開けようと引っ張ったなどのときです。

もちろんアクションカメラにはそういった機能はついていません。

スイッチ入れっぱなしではバッテリーがもちませんので、そこも問題の1つになります。

まとめ

似て非なるもの、アクションカメラとドライブレコーダーです。

餅は餅屋というように、車での録画に関しては専門の、ドライブレコーダーに一任するのが最も効率的だということです。

またもし、アクションカメラを車に搭載している時に、それを狙っての車上荒らしに遭遇しないとも限りません。

できれば車にはドライブレコーダーの搭載をおすすめしたいです。