アクションカメラ初心者です!マウントって一体何ですか?

専門用語までは行かなくても、何かの製品やそのシステムには、独自の用語があったりします。

使っている人には当然の言葉でも、初めての人には意味不明になってしまうのが、こういった言葉です。

当たり前に言われると聞き返せない、ということもあるこういった言葉、アクションカメラのマウントという言葉もその1つですね。

アクションカメラについて調べてたら

アクションカメラって面白そう、これどういったものなんだろうとネットで調べていたら、意味不明な単語が散見されたということはないでしょうか。

マウントというのも、初めての人には意味不明の言葉ですよね。

山のことですか、何かに登るってこと、と思ってしまうのも無理はありません。

実際このマウントという言葉、アクションカメラについて調べていると、必ずと言っていいほど出てくる言葉です、でも初めての人には、本当にわけが分からなくて当然です。

こうした、何かの製品とかシステムに独自の用語というもの、実際厄介ですがつきまとうものでもあります。

なので面倒でもしっかりと調べて、意味を理解しておかないと、後々もっと面倒なことにもありますので注意が必要です。

そもそもアクションカメラのマウントって何

アクションカメラの場合、普通のカメラやスマホのカメラと違って、手を使わないでも撮影ができるというのが大きな特徴です。

その両手も自由に使えるようにするためのアクセサリーの総称が、マウントなのです。

アクションカメラをヘルメットに固定して撮影しているシーン、よく見かけますよね。

あのヘルメットにカメラを固定するためのアクセサリーも、マウントのひとつなのです。

アクションカメラの最大の特徴を発揮するために必要な、両手を自由にするために必須のアクセサリーが、マウントと呼ばれるアクセサリー類なのです。

逆を言えば、マウントがないとアクションカメラでは、良いアングルで撮影ができなかったり、脱落して破損してしまったりすることもあるので、注意が必要です。

しっかりしたいいマウントを用意するのがおすすめです。

アクションカメラのマウントってどんなものがある

アクションカメラ自体に付属してくるマウントや、別売のマウントなど種類豊富に用意がされています。

その中でも、これは持っておいたほうがいいというマウントを紹介しますね。

ヘルメットや頭に固定するためのマウント

アクションカメラでの撮影の、定番中の定番がこれです。

ヘルメットや頭に固定して、自分目線で撮影ができるようになります。

スポーツをしている時の自分目線で撮れるので、臨場感が半端ではありません。

スピード感も再現して見ることが出来ます。

かなりハードなスポーツで利用する場合が多いので、とにかく落ちないように固定がしっかり出来るタイプを使用してください。

両手を使って行うスポーツやレジャーの撮影には、必須のマウントの1つです。

もちろん登山などの手をフリーにして置かなければいけないシーンでも、これがあれば自分目線で登山中の記録が残せますね。

ストラップタイプのものが安定しているのでおすすめです。

自転車やバイクのハンドルに固定するためのマウント

ロードやツーリングを楽しんで、しかもその撮影をしたいという場合には、必須のマウントです。

ハンドルに取り付けるので、疾走感が最高に再現できます。

もちろん手を使う必要がないので、安全運転が出来ます。

これも固定がきちんとできるマウントを選ぶことはもちろんです。

特にバイクの場合、スピードも出ていますので揺れが大きくなります。

途中で脱落しないように、しっかり固定しておきたいですね。

チェストハーネス

胴体にアクションカメラを固定するためのマウントです。

目線よりは低くなりますが、胴体というしっかりとした部分に、ハーネスで取り付けますので安定感は抜群です。

頭などに固定するよりも安定感が大きいので、かなりのハードな動きのあるスポーツにも利用ができます。

また変わった使い方では、手元でやる細かい作業など写したい時にも活躍してくれます。

静の動作の作業から動の動きにまで対応できるマウントです。

様々なマウントを上手く利用しよう

代表的なマウントを挙げてきましたが、これら以外にも多くのマウントが販売されています。

どう知ったシーンで利用するのか、動きがどの程度なのか、自分の目線で撮るのかそれとも第三者的目線で撮りたいのか、目的に合わせて選んでいってください。

マウントを選ぶ購入するには、まず撮影のシーンと目的が大事です。

撮影シーンに見合ってまた、どういった目的での画像が撮りたいのかも事前に把握しておきたいですね。

そしてまた同じマウントでも、クリップにするかストラップにするかなどで、安定感に違いも出てきます。

利用シーンと撮影目的で、しっかりとそれにフィットしたマウントを選んでいってください。

まとめ

マウントがなければ、アクションカメラも単なるカメラになってしまいます。

両手が自由に使えるという、アクションカメラの最大のメリットは、マウントのあるなしで決まってしまうのです。

目的にあったマウントを選んで、良い画像を安全に撮影してください。