アクションカメラを旅行に持っていくのだけどおすすめのアクセサリーは?

海や山のレジャーにもってこいのアクションカメラ、今や大人気です。

両手がフリーのまま利用できますし、防水性能などきちんとしていますのでハードなスポーツの時にも利用ができます。

このアクションカメラ、海外旅行などにも人気です。

多くのアクセサリーがありますが、特に旅行の時に持っていったほうが便利なアクセサリーを見ていきましょう。

アクションカメラは旅行にはもってこいのカメラ

普通のカメラを持っていくことが多かった旅行、スマホのカメラの性能が上がってからはスマホに頼る人も多くなりました。

いずれにしても旅行の思い出、写真に収めておきたいというのは誰でも同じです。

なので少しでも性能のいいカメラを持っていって、上手く撮影したいと思うのも当然のことです。

今人気のアクションカメラ、実は旅行に持っていくのには最高のカメラなのですね。

防水性もあり、頑丈で壊れにくく、しかも小型で軽量、旅行に持っていくには最高のカメラです。

加えてアクションの名前の通り、かなりのハードな撮影にも答えてくれます。

旅行の時には1台、荷物に入れておいきたいものですね。

旅行先でアクションカメラに必要なアクセサリーは

そんなアクションカメラですが、旅行先に持っていったほうがいいアクセサリーがあります。

もちろん多くのアクセサリーがあるのですが、特に旅行先で便利に使えるものを挙げていきましょう。

自撮り棒

アクションカメラだけでなく、スマホにも必須のアクセサリーが、自撮り棒です。

自撮りはあまり得意でないのがアクションカメラなのですが、それでもこれがあると第三者的視点で自分を撮ることが出来るので旅先には持っていきたいですね。

安いものだと1000円くらいで手に入りますが、アクションカメラの使用シーンからしても、しっかりとした品を準備することをおすすめしたいです。

普通のカメラのようにセルフタイマーが使えない機種の場合、自撮り棒はなくてはならないアクセサリーになります。

クリップ型マウント

バックパックの肩紐や洋服に挟んで使う、クリップ型のマウントです。

ヘッドストラップは目立つし、でも手に持って撮影だと手が塞がる、等の場合に活躍してくれます。

クリップで挟んでおくだけで大丈夫というのは、軽量のアクションカメラならではのアクセサリーですね。

街歩きの時などこれを利用するといい動画撮影が出来ますよ。

保護フィルム

これは旅行以外の使用でも必須のアクセサリーです。

というか、これ使わないで持ち歩くのはレンズが傷つくので止めておきましょう。

特に海などでの使用の時、その後ゴシゴシ布で拭いてしまったりしますね。

それでレンズに傷がついてしまうこともあるのです。

気泡の入りにくい粘着力の強いものがおすすめです。

収納ケース

旅行先ではほとんど出しっぱなしのアクションカメラですが、それでも持っていったほうがいいのがケースです。

アクセサリー小物の収納も可能なケースなら、小物の行方がわからなくなった、などということもなくなります。

何よりもカメラの保護のために、1つ持っていきたいですね。

ちょっと特殊な旅行レジャーに役立つのが

普通の旅行でなく、ちょっと特殊なアクション系の動きの多い旅やレジャーの時に役立つアクセサリーもあります。

ヘッドストラップ

帽子やヘルメットに装着して使います。

ツーリングやサイクリングの時など、臨場感あふれる動画を自分目線で撮るのには、必須のアクセサリーです。

もちろん両手はフリーですので、安全第一のこうしたスポーツ・レジャーには無くてはならないものですね。

チェストハーネス

頭部分に固定するヘッドストラップでの撮影だと、どうしてもブレが大きくなります。

なので少しでもブレを少なく、でもアクションはしっかりと撮影、と言う人に向いているのがチェストハーネスです。

胸の部分に固定しますので安定感がよく、かなりのアクションに耐えてくれます。

バイクの場合など、目線よりは下になってしまいますが、その代わりハンドルやグリップも映るので、その点の臨場感はかなりのものです。

身体をかなり激しく動かしても大丈夫なので、動きの大きなレジャーにはおすすめのアクセサリーです。

特に旅行でなくても必須のアクセサリーは

色々とアクセサリー類を見てきましたが、何よりも持っておきたいアクセサリーがあります。

予備のバッテリーです。

充電器付きだと、もっと便利です。

何を当たり前なものをと思うかもしれませんが、アクションカメラの唯一の弱点、バッテリーのもちの悪さを侮ってはいけないのです。

特にツーリングなど、次は何時充電できるかわからないような移動の場合、予備バッテリーは必須のものです。

せっかくの撮影シーン、取り逃してしまう危険性もあります。

何しろ状況によっては、1時間もたずにバッテリー切れを起こしてしまうのが、アクションカメラです。

旅先で困らないように、予備バッテリー及び充電器を荷物に入れることも、忘れないようにしてください。

まとめ

様々なアクセサリーがあるアクションカメラです。

その時の旅行で役立ちそうなものを、選んで持っていくようにしたいですね。

荷物になりすぎても困りますので、必要に応じてこれらの品物から選択、いい思い出を残せるように撮影していきたいですね。